読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の最多退場はブルージェイズ監督の8度。5月は5試合で3度の退場

トロント・ブルージェイズジョン・ギボンズ監督は、2016年に8度の退場を宣告された。これは、ピッツバーグ・パイレーツクリント・ハードル監督より2度多く、選手やコーチを含めてもトップだ。

なかでも、ギボンズは5月15日から22日にかけて、審判から退場を連発された。

幕開けは、ルーグネッド・オドーアテキサス・レンジャーズ)がホゼ・バティスタの顔面にパンチを見舞った、あの試合だ。もっとも、8回表に騒ぎが起きた時、ギボンズはすでに退場させられていた。3回裏に捕手のラッセル・マーティンがボールの判定に抗議した際、ギボンズはダグアウトから走り出てゆき、マーティンの“身代わり”になった。

翌日は、対戦相手も球審も違ったが、原因は同じく投球の判定だった。トロイ・トゥロウィツキが見逃し三振を喫すると、ギボンズはダグアウトから球審に向かって声を上げ、退場を宣告された。

その6日後にも、ギボンズは退場となった。5回表、フィル・ヒューズミネソタ・ツインズ)がジョシュ・ドナルドソンに投じた初球は、腰に向かっていった。そして、2球目はドナルドソンの尻の後ろを通った。ドナルドソンは前日の試合で、ツインズのダグアウトから発せられた言葉に言い返し、この試合では1打席目にホームランを打っていた。しかも、ヒューズはコントロールの良い投手だ。当然、ギボンズはダグアウトから出て……続きは言うまでもない。

ブルージェイズは5月15~22日に8試合を行ったが、ギボンズの退場は5試合で3度だ。17~19日の3試合は、ギボンズではなく、ベンチコーチデマーロ・ヘイルが指揮を執った。15日にバティスタが殴られた直後、ギボンズは退場になっていたにもかかわらず、選手やコーチとともにフィールドに出ていった――モニターで試合の状況を追っていたのだろう――ため、3試合の停止と罰金5000ドルを科された。

一方、退場ゼロの監督は2人いた。フレディ・ゴンザレスアトランタ・ブレーブス)とダスティ・ベイカーワシントン・ナショナルズ)だ。ゴンザレスは5月半ばに解雇されたが、ベイカーはシーズンを全うした。ゴンザレスは11月に、マイアミ・マーリンズの三塁コーチに就任した。

選手に限ると、こちらもブルージェイズのドナルドソンが最も多く、ユネル・エスコバー(ロサンゼルス・エンジェルス)と並ぶ、3度の退場を宣告された。

 

宇根夏樹  | フリーランス・ライター

100周年ライオンズクラブ


 
 

世界規模で活動を行うライオンズクラブが100周年となる。


先日の東京都内での大パレードの記事数をみると、

沿道には約8万人が参加し、大勢で賑わう大パレードであり、
取材メディアは49社、民放6社のニュースでオンエア、web154件、紙媒体34件合計194社に取り上げられた。

100周年記念奉仕チャレンジも参加者は多数。
http://lions100.lionsclubs.org/JA/programs/centennial-service-challenge/index.php
取り組みの詳細はこちら
http://lions100.lionsclubs.org/JA/programs/centennial-service-challenge/csc-press-release.php


http://330a.jp/
WEBでのニュースや、各種記事に関しては
薬物防止パレードだけでも、記事は多く
当日のパレード前からオフィシャルにwebでパレードのような記載で
紹介された記事などもあったため、

近代社会の傾向としては、ネット上でのシェアにより拡散していくため、
各種企業参加は勿論のこと、一般的に触れるきっかけも増えていき
記事を読むことのできるマスメディアの影響として
さらに多くの人に伝わっていき、参加者も増えていく傾向にある。

(記事:高田真希)

ブレゲとマリーアントワネット

天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲの時計の
熱烈な愛好者であったフランス王妃マリー・アントワネット
ヴェルサイユ宮殿監修による

マリー・アントワネット展」において、

11月2日から二日間限定で、
かつて発注を受けた懐中時計の復刻版「ブレゲ No.1160」の展示が行われた。
今回を記念してフランス大使館でガラディナーも開催。
彼女の世界に着想し磨き込まれたスペシャルピースは必見。

甘く濃厚なヌテラを持ち運べる「ヌテラ アンド ゴー!」 関東地方と長野県で先行発売 - はてなニュース

国際派シンガー「Sei-Say」

f:id:newspage:20170102031647j:plain

国際派シンガー「SeiーSay」(セイ)

ヤマハで活躍の後に、制作した楽曲を近年向けに構成。

2016年秋、シンガポール親善シンガーとして再デビュー。

落ち着いた甘い声で海外に好評となり、日本では限定発表を予定。

 

International faction singer "Sei - Say" (Sei)

After playing an active part in Yamaha, it organized the songs we produced for recent years.

In autumn 2016, he debuted again as Singapore Friendliness Singer.

It became popular abroad with a calm and sweet voice, and limited announcement is planned in Japan.

 

10月5日パリコレ開催

誰がお手本? ストリートでひと際輝くファッショニスタたち in パリ。誰がスタイルのお手本? ストリートでひと際輝くファッショニスタたち in パリ。|コレクション(ファッションショー)|VOGUE JAPAN

セーレン・イェプセン(Søren Jepsen)
 
注目すべきはこちら。
 
デンマーク人ファッション・フォトグラファー。
 
デンマーク版『VOGUE』を中心に、
 
世界各国のVOGUE誌のストリートスナップを担当している。
 
モデルやエディターなど、
 
ファッショニスタたちのリアルな魅力をストーリー性たっぷりに表現する。
 
自身のサイト「THE LOCALS」も運営する。
http://www.thelocals.dk
サイトはこちら

 

予告!10月に行われる大パレード!

http://330a.jp/wp-content/uploads/2016/10/02e82f702356ed8f0cbca0f81ed7f318.jpg

 

ライオンズクラブ主催

警視庁、文科省、等で行う、大パレードが行われる。

 

薬物防止パレードである。